角質ケアに効果のあるピ-リングのメリットとデメリットにはどんなものがあるの?

2020年02月12日

ピーリングとは、肌の角質を落とすケアのことです。肌の表面にある角質は時間が経つに連れて溜まり、肌がざらつく、ごわつく、黒っぽくなるなどの原因となってしまいます。
通常古い角質は、肌のターンオーバー機能によって自然と生まれ変わります。しかし、バランスの悪い食事や運動不足などが影響すると、ターンオーバー機能が正常に機能せず、古い角質がずっと残ったままになってしまうのです。
そのような状態を打破するためのケアが、ピーリングです。

ピーリングのメリットは、肌のざらつきが抑えられることで化粧のノリが非常に良くなることです。また、古い角質によって黒ずんでいた肌の透明感が復活し、ぱっと見でも肌が綺麗に見えます。
また、通常のスキンケアの効果も高まります。化粧水や乳液などの浸透率も良くなるので、正しいスキンケアを行えばより綺麗な肌を維持出来るようになるでしょう。さらに、年齢を重ねるごとにターンオーバー機能は衰えるので、定期的にその補助をすることで基礎代謝もアップするというメリットもあります。

ピーリングには、デメリットがあることも知っておきましょう。ピーリングでは、特殊な薬品を使い強制的に古い角質をはがします。そのため、敏感肌や乾燥肌の人は、肌荒れを起こしたり、抵抗力が弱まったりしてしまう恐れがあります。
また使用する薬品の量を間違えると、肌に強い負担がかかりかさぶたが出来てしまうこともあります。適切な量を守って使用することが大切です。特に肌が弱い人は、ごく少量から試してみるのがおすすめです。

ピーリングの方法には様々な種類があります。一つがケミカルピーリングと呼ばれるもので、酸性の薬剤を使用する方法です。使われる酸は、AHAと呼ばれるものが多く、リンゴに含まれている非常にマイルドで使いやすい酸です。慣れてきたら、クエン酸や乳酸なども使用するのがおすすめです。
それとは別に、マイクロクリスタルなどを使用するのがクリスタルピーリング、レーザーを使用するのがレーザーピーリングです。初心者はケミカルから始め、徐々に違う方法を試すという方法を取ってみましょう。

デメリットに注意しながら正しくピーリングを行えば、美しい肌を維持することは可能です。肌がよみがえると、それだけで見た目年齢も引き下がるのでアンチエイジングにもつながります。
最近化粧ノリが悪い、肌がざらつくといったトラブルを抱えている人は、ぜひ一度挑戦してみましょう。